カワウの近況


寄せられた記録を随時掲載(更新:2018年8月25日)



観察年月日 2018年7月16日
観察場所 豊橋市紙田川河口
観察リング
    左脚 白色リングでB79
    右脚 金属リング
観察者 倉橋義弘   
[白B79]


2010年6月に田原コロニーでの放鳥個体です。ありがとうございました。



観察年月日:2018年5月20日
観察場所:豊橋市紙田川河口
観察状況:鉄柵に止まっていた。写真あり。 
観察リング:左足に白リングで、記号は R/1 であった。
観察者:倉橋義弘   
[白R/1]


2007年4月に田原コロニーでの放鳥個体です。11年経過ですが、そのわりにはリングが綺麗で文字もはっきり読めます。ありがとうございました。



2016年2月4日に目撃情報をご報告した個体と同じカラーリングが付いたカワウを目撃しましたので再度ご報告します。

1.確認年月日 2018年2月27日 PM10:40頃 (写真添付)
2.確認場所  愛知県豊橋市多米西町 朝倉川の中
3.カラーリングの種類等
   左脚 白色リングに黒字の記号【D84】
   右脚 金属リングらしきもの有り
4.確認した時の状況
   川の流れの中央部(水流調整用堰の上)に1羽だけでいました。
   (前回目撃した場所とほぼ同じ所です。)
     ※2年前との違いは、首と腿に白い羽毛(婚姻色)が見られます。
     ※朝倉川流域では、最近もちょくちょくカワウを目撃しますが、
      カラーリングの付いた個体は2年間いませんでした。
5.観察者 塩澤憲治    [白D84]


2013年に田原市緑ヶ浜のコロニーで、巣内の雛に標識した個体です。
前回も写真を添付して頂いたので、今回の写真と比較することができます。貴重な情報ありがとうございました。




観察年月日:2016年9月6日、10時36分。
観察場所:田原市伊川津町根津新田堤防より伸びる防波堤上。
観察状況:単独で羽を乾かしていた。
観察リング: 右足に銀の足環
         左足に白い長めの足環 F75と記載。
観察者:伊藤裕康    
[白F75]


2016年6月に田原緑ヶ浜のコロニーで、巣内の雛に標識した個体です。
写真も添付していただきました。周りの状況も良く判り、標識もはっきり読めます。ありがとうございました。



カワウ白リング個体「K7」を群馬県にて確認しましたので、ご報告させていただきます。
確認リング:白K/7 環境省リング
確認日:2016年6月8日
確認場所:群馬県高津戸(コロニー)
確認状況:個体数調整事業による銃器捕獲(死体)
報告者:柴野哲也     [白K/7]


K/7は2006年田原放鳥個体です。ちょうど10年目の個体になります。ネズミモチの巣にいた2羽のヒナの1羽です。この年最後の標識個体でした。最近ではこのあたりの年代の個体は地元でもほとんど見かけなくなりました。



ウォーキングをしながら野鳥の写真を撮影していたところ、カラーリングが付いたカワウを目撃しましたので報告します。

 1.確認年月日 2016年2月4日 AM10:45 (写真添付)
 2.確認場所  愛知県豊橋市多米西町 朝倉川の中
 3.カラーリングの種類等
     左脚 白色リングに黒字の記号 D84
     右脚 未確認
 4.確認した時の状況
     川の流れの中央部(水流調整用堰の上)に1羽だけで
     日向ぼっこをするようにたたずんでいました。
       ※朝倉川流域では、ちょくちょくカワウを目撃しますが、
       ほとんど1羽だけでいます。(たまに2羽の時が有ります。)
       尚、カラーリングが付いたカワウを見たのは今回が初めてです。
 5.観察者 塩澤憲治     
[白D84]


観察記録ありがとうございます。お写真もきれいです。足環の白い部分が少し擦れているのも判ります。
2013年に田原市緑ヶ浜のコロニーで、巣内の雛に標識した個体です。2年と半年くらいの年齢になります。



(2012年〜2015年の記録へ)

(2010年、2011年の記入記録へ)

(2009年の記録へ)

(2007年、2008年の記録へ)

(2006年記入の記録へ)

(2005年記入の記録へ)

(2004年記入の記録へ)

(2003年記入の記録へ)


トップページへ